海外カジノ関連ニュース①

日本カジノ運営に大阪が注目を浴びている?

日本カジノ誕生が近いことを
察知して世界のカジノも活性化してきています。
とくに日本カジノの場所に一番期待されている夢洲のある
大阪には多くのカジノ関係者がきているようです。
カジノ誘致を考え実行した大阪府知事である松井一郎知事に
こぞって会談をしています。

最近では長野県もカジノ誘致に向けて
動き出して言いますしいずれは多くの自治体が
カジノ誘致に向けて動き出すでしょう。

なかでも一番アピールしているのが大阪。
日本カジノがまだ解禁していないのにも関わらず
どんどん誘致の方法を考えています。

なぜここまでするのか?
とおもわれるかもしれません。
ですがカジノが出来ることによって
経済が爆発する起爆剤になるのです。

確かにギャンブル依存症などが危惧されていますが
問題を排除するのに有効だとされているのが日本国民に
対するカジノへの入場料などをとることだとされています。


香港企業が日本カジノ進出を検討?

大手のカジノ運営企業メルコクラウンエンターテイメントが
なんと日本でのカジノ運営を検討しているとのことです。
かなり話が進んでいるらしくて、会社の提携している会社とも
話がしてあって合同の会社を日本に設立して株式上場しようという
動きもあるみたいですね。

国内でもカジノ解禁に向けてたくさんの
自治体が動いたり議員が動いていますので
日本カジノ誕生に期待できるきがしますね。

カジノ法案が通るのは
6月の見通しですので
来月からはカジノの動きが
どうなるのかが期待されるところですね。

なお、東京と大阪でカジノを開くには
最低でも50億ドルが必要とされています。
メルコクラウンエンターテイメントの共同会長が
来日していてオーストラリアのカジノを経営している
クラウンリゾートの会長でもある大人物である。

この人物は日本進出も考えていて
する際には香港カジノの合同会社の
メルコクラウンと一緒にするつもりである
ことを語っている。


日本カジノ誕生であのマリーナ・ベイ・サンズを超えるホテルうまれるかも?

シンガポールにあるビル3つの上に
船がのっかているような形の特徴的な
シンガポールカジノの象徴とも言えるホテル。
SoftBankのCMでスマップがでていましたね。

このホテルの上には壁がないように見える
おもしろいプールがあることで有名ですよね。
このマリーナベイサンズホテルが日本にも
できるかもしれないのです。

近年日本カジノ建設で賑わいを見せている
日本に対してマリーナベイサンズの経営者であり
カジノの本場のカジノ運営大手であるラスベガスサンズの
最高責任者が日本カジノに対して100億ドル以上の投資を
することをやぶさかではないということを正式に発表しました。

このことから日本カジノはかなりのリゾート施設が
ふんだんに含まれたカジノになるのではないのかと
認識されている。

マリーナベイサンズカジノが少ない年月で
大成功させた技術を持っている人間たちが
集まって更には潤沢な資金を投資してもらえるのであるから
日本カジノは成功する以外の道はないよにおもえますね。


ビットコイン導入が開始!ベラジョンが初めての試み

ビットコインというものをご存知ですか?
どの国の経済効果の影響を受けない新しい通過で
世界経済に影響をうけないことから新しい市場を
生むのではないかと期待されている通過です。

これは世界中で使えるもので
日本ではまだ使える店は少ないのですが
着々とビットコインが使える店が増えてきています。

この将来どんなものになるのかが
期待されているこのビットコインが
オンラインカジノのなかでもいち早く
ベラジョンカジノが対応するようになりました!

実際のカジノではラスベガスが対応しているようですね。
ビットコインという新しくて人気のあるのですが
まだまだ不安が残るようなものをいち早く対応する柔軟性は
さすがのベラジョンカジノだということができますね。


欧州でコナミが業界に積極的に動く?!

KONAMIがカジノに参戦していることをしっていますか?
カジノ自体を運営しているわけではないのですが
ゲームをつくって提供しているのです。

そんなKONAMIが欧州で最大のカジノ業界のイベントである
インターナショナルカジノエクスビジョンに出展したのです。

おそらく日本の企業で出店しているのは
コナミだけですので日本のゲーミングが
欧米諸国に受けているのか?

というのがきになるところですね。
どのようなものをだしていたのか?
ということが気になりますがそれは詳しくはわかりません。
ですがわかっている範囲ではスロットマシンが中心でsの情報や
プレイヤーの情報、そしてその精算などをリアルタイムで管理できる
システムを持ったマルチな機能を持った機能的なマシンを出してるようですね。

ここで高い評価を受けることができれば
KONAMIはきっと日本カジノでもスロットマシンを
提供すると思うので高く評価されたマシンをしに
海外からたくさんの客が来るかもしれませんので
KONAMIのこの頑張りが報われそうですね。


ラスベガスでビットコインが利用可能。導入開始!

仮想通貨でありながら世界中で使われているこのビットコイン。
相場で価値が変動することがあるのですが基本的には
あまり価値が動かないのが特徴のこのビットコイン。

これはどの国も介入することができませんので
あたらしい相場が生まれるのではないかと期待されています。
ですがまだまだ疑問符がつくことがたくさんありますし
日本ではほとんど認知されていませんし安全面や信頼性の
高さがほとんどありませんので日本でも広く使われるようになるまでは
まだまだこれから時間がかかるかもしれませんね。

しかしこの新しい動きをいち早く察知して
使えるようにしたのがラスベガスです。

カジノで使えるのはラスベガスの二つのカジノだけです。
オンラインカジノではベラジョンも使えるのですが。

日本人でいまビットコインを使っていて
使い道に困ったらラスベガスで使用してみましょう!


ラスベガスの7倍に!マカオの税収がすごい

マカオはカジノを中心にして収入を得ていていると
行っても過言ではありませんね。
ほかにも観光も人気がありますので
全部ひっくるめて観光産業での収入がメインです。

マカオカジノの収益がなんと
4兆7620億円を超えたという
ことだそうです。

前年度とくらべると18%も増えています。
これはなんとラスベガスの収益を7倍も超えている
数値なのです。

さすがアジアのラスベガスと呼ばれているだけありますね。
まさか本家のラスベガスを超えてしまうとは笑

ということは日本カジノができれば
マカオカジノと同様にラスベガス以上の
収入をえることができる可能性があるということです。
なので日本カジノができたらどれだけの収入が日本に
入ってきてくれるのかが期待できますね。


グローバル展開をさらに加速するコナミに注目

ゲームメーカーで世界でも人気のコナミが
南米のカジノ業界で最大のイベントである展示会で
カジノでつかう機会をだしました。

カジノ業界に参入してさらに世界進出が
良くなってきているコナミですがカジノに
参加しているとはいってもリアルカジノだけですので
オンラインカジノにはなにもしてくれないんですよね。

それが残念なところです。
日本もオンラインカジノを
やればいいのにと思うんですがね

海外のスロットと日本のスロットが
ちがいますのでのその目新しさと
人気の高さで頑張って欲しいです。


今年も税収還元か!マカオカジノが熱い!

マカオでは政策で現金を支給するものがあります。
日本で言うバラマキ政策というやつでしょうか笑
日本だったら問題になっていそうですね笑

その支給額はマカオカジノ収入増加を受けて
その金額の引き上げが検討されているようですね。

そのつり上がった金額はなんと
前年に比べて13%も上がっていますので
マカオカジノでどれだけマカオが経済が
潤沢になってきているのかがわかりますね。

このことからカジノができることによって
恩恵がもたらされるのが国家だけでなくて
国民にもその利益が還元されるということが
わかりますのではやく日本カジノができて
我々庶民にもはやく現金支給が始まって欲しいですね笑


フィリピンもランドカジノ建設に動き出す?!

アジアカジノがどんどん活性化していています!
最近ではマカオカジノがラスベガスの利益をこえたり、
マカオだけでなくてシンガポール、台湾、フィリピンまでもが
カジノによって国家が潤ってきています。

アジアの中でなく世界的にも先進国なのですが
カジノ産業という視点ではかなりの発展途上国と
なってしまいました。

これらのことがカジノ法案が決定する
起爆剤になってくれればいいのですがね。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ