日本カジノ速報ニュース①

阿部首相が日本カジノ建設を臨時国会で成立目指す?!

安倍首相はブルームバーグニュースのインタビューで
IR,特定複合観光施設を日本の経済成長のためにこれを
主体にしていきたいという旨を公式に発表した。

東京オリンピックが決まったことによって
さらにこの政策は硬くなったことであろう。
シンガポールを視察をしにいった体験をもとに
安倍総理は「カジノなどのものが観光振興や産業振興に
地域の活性化に繋がる可能性が非常に高く、私はさらに
日本にこれらの効果が出ることを期待するようになった」と話している。

依存性や青少年の保護や外国人がカジノができることによって
生ずる犯罪の問題などについても今後議論を重ねて慎重に検討すると話している。

どちらにしても日本にカジノが
できればおおきな収益を期待することが
出来るのでぜひとも今年中にはカジノ法案を
通して欲しいものである。

だが最近では近隣諸国との
問題が悪化してきているので
今年の臨時国会で法案をとおすこが
できるのかどうかが疑問である。


日本カジノの法案が年内にも可決するのか

現在の国家では中国や韓国との問題が
深刻化してきていてカジノに関することに
関してが先送りされそうな雰囲気ではあるが
安心して欲しい。

なんとか年内にもカジノ法案が可決が
されるのではないのかというのが有力であるらしい。
さすがに今季の国会は問題が山積みになっているので
難しそうではあるのだが落ち着いてからがカジノ法案に
ついてフレらられるであろう。

とくに期待出来るのは秋の臨時国会である。
その根拠としては2020年にはオリンピックが
開催される。

その時まではには日本カジノが建設して
おきたいであろうからはやくに可決させて
建造に入りたいはずである。

もう6年しかないので
ここらで通さないと間に合わなくなって
しまいますからね。

まだ場所がどこにするのか
明確に決まっているわけでは
ないのでそこから始めなくては
いけないのであるから時間がかかってしょうが
ないであろうからはやくきめてほしいですね


日本カジノ法案への大きな一歩か?廃案を避ける方針

現在もっともきになっているのが
カジノ開業がオリンピックに間に合うのか?
ということだと思います。

今の国会ではどうもカジノのことは
見送ることで決定しているようなのですが
これまで何回も潰されてきたカジノ法案が
衆議院で審議入りしたのはとてもすごいことだと思います!

これでカジノ法案があっさりと
打ち捨てられることはなくなったわけですから
これでカジノ解禁までの道のりが身近になってきた!
という印象がありますね。

カジノ法案が廃案になることは
ないとは言い切れませんがこうして
議案入りしたということだけでも
いい調子ですのでこれからもっと
カジノ法案推進派の人間には頑張って
日本を豊かにするためにもカジノが
はやくほしいところです。


日本カジノ建設に向けて大手コナミが新会社設立を発表

大人気大手ゲームメーカーコナミが
日本カジノの運営に参加するために
新しく会社を作る動きを見せているようです。

実はコナミは海外の某カジノに
スロットマシンをつくって販売しているのです。
結構カジノに関わりが深い会社だったのです。
大きく発信していませんのでしらない人が多いですが。

このように既にカジノに携わっている
コナミが日本カジノのために子会社を
作るということはもうほぼ日本カジノが
できるというのは確実になってきてるので
はないのかという見込みが強くなってきています。

コナミが日本カジノの運営を
してくれるのであればきっと
楽しくなると思います。

噂ではパチスロ業界のサミーも
カジノのマシンの開発に関わるという
こともききましたが最近のサミーさんは
辛いスロットばかり作るのでもしマシンを
作るのであればもっと遊びやすいものがほしいですね笑


東京五輪と日本カジノが経済成長の重点と安倍首相が構えをみせる

先ほどから行ってしまっていますが
カジノはオリンピックと絡めてこその
高い効果を発揮します。

カジノは外国人の誘致のために
つかわれているように世界各国
カジノをみていてそう思います。
現地人は立ち入り禁止とか普通にありますからね。

実際に観光名所といったら
マーライオンのがっかり名所しか
なかったシンガポールもカジノを
建設するIR開業してから外国人の
観光客が前年度の6割を軽く超える結果を出しています。

さらに観光興行収入が8割も増えている
といわれていますので日本でもどのような
効果があるのかが楽しみです。

日本は豊かで平和で暮らしやすい、
恥ずることのない法治国家です。
ですが借金問題がどうしようもないところに
行ってしまわないうちにIRでカジノなどを
つくってお金を稼ぐ方策を早めにとって
さらなる経済成長をして欲しいところです。


日本カジノ法案は必ず成立させるという発言が話題に!?

カジノ議会と呼ばれる
議連の副会長でありなんと
日本維新の会に所属する小沢英二氏が
国会での会議でのカジノ法案について、
賛成派が全体の過半数だったためカジノ法案は
必ず成立するという言葉を発しました。

強気な発言は嬉しいのですが
今の国会ではカジノ法案のこと意外でも
厳しい問題が数多くありますので今年の
国会でカジノ法案が通るのかどうかは難しそうなのです。

さらに最近では憲法第九条の問題が
おこっていますからさらに難しくなってきて
しまっているかもしれませんね。

とはいえカジノ議連の副会長が
カジノは必ずできると行っているのですから
期待してカジノが出来る日を指折りまつのも
楽しみでいいのかもしれません。

まぁカジノが出来るだけで
経済効果の上昇が望めますし
さらにそこにオリンピックという
すばらしい集客能力をもった行事が
ありますのでそれを逃すほど議員たちも
馬鹿ではないとおもいますので本当に
必ず日本カジノができそうですね。


長崎県知事が候補地として立候補を表明

日本カジノの場所で有力なのは
沖縄か大阪だと言われています。
とくに大阪は夢洲として積極的に
カジノの誘致をしていますのでここが
日本カジノの場所になるのではないのか。
といわれています。

ですが最近になってから新たに誘致する県が現れました。
その場所は長野県です。
マカオカジノのようにホテルと
カジノが一体化したリゾートを作ると
行っているのです。

その長野県の中の
ハウステンボスの周辺らしいです。

かなり本腰を入れてカジノ誘致を
するようでして長野県の予算案に
カジノ誘致のための資金を追加して
大阪に負けないように誘致するようです。

これに釣られて他の県も
誘致に参加する動きが出るのでは
ないのかと言われています。

コナミの件といい自治体までもが
積極的にカジノに関わろうとして
いるのですから本当に日本カジノ建設は
近いんですね!


大阪府知事。夢洲を候補地にと表明

カジノ法案が可決する動きをみて
多くの自治体ではカジノの場所に
自分の県にしようとカジノ誘致をしている
動きを見せています。

一番の日本カジノ誘致有力候補である
大阪では夢洲にする方針で固まってきているようです。

なお、日本カジノは一つだけにするのではなくて
数箇所でカジノを建設するのではなのかといわれています。

有力なのは大阪の夢洲だけではなくて
お台場も日本カジノの場所として期待されているようですね。

IR施設建設となると自治体の予算以上の
金額が動くのではないのかといわれていますので
カジノ建設に関わる金融、デベロッパー、ゼネコン
各設備機器、スロットマシンなどに関わる会社たちの
あいだでは大阪府なのではないかと噂されているようですので
大阪の夢洲で日本カジノが開催されるのかもしれませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ